【動画】おうち英語の様子:3歳6ヶ月

[PR] 記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

はじめに

今日の記事は子供の成長記録。おうち英語の様子をご紹介します。

長女は3歳6ヶ月になり、日常生活の中でも英語を話すことが増えてきました。

その中でごっこ遊びをしている様子が動画に残っていました。

長女がここ最近ハマっているPaw patrolごっこをしています。

スポンサーリンク

動画で見るおうち英語の様子

動画はPaw patrolのごっこ遊びをしている様子です。

前回の記事で最近一番驚いたのは、”My rail is broken!”と言ったことと書きましたが、偶然にも夫がその様子を撮影していました!

“Don’t come here”と” my rail is broken”以外はPaw Patrolで使われている定型文を主に話しているので、覚えたものをそのまま口に出しているのだと思います。まだあまり自分で文章を構築することはできていない様子です。

それと、長女は日本語の”さ行”の発音がまだうまくできないのですが、英語でも”S”の発音をするときにぎこちないところが親としては可愛いなと感じます。

この動画でも「Ryder needs us」のところで”S”の発音をしているところがたまりません笑。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

おうち英語を初めて約1年。
今の長女の日本語はかなり流暢になってきていますが、英語では「A is B」のような簡単な表現が主になっています。日本語と英語を同じように話せるようになってほしいので、アウトプットはまだまだ日本語のレベルには遠いなぁと感じます。

一方で英語インプットの方はかなり慣れてきたようで、英語の絵本を読んでと頼まれることも増えてきました。それに英語を聞く持久力も上がってきているようで、BOXものの英語の絵本などを持ってきて、続けて何十冊も読むことも出てきました。

今は絵本やアニメに登場するセリフをとにかく聞いて、真似をしながら口に出すという事を繰り返していますので、この調子で気長に続けていければと思います。

しかし、こうして英語を身につけていく様子を見ていると、言葉を覚えていく過程は日本語も英語も同じなんだなぁとしみじみ感じます。

「言語を習得する過程は日本語も英語も同じ。」
見聞きしてそうと知っていても、日本語だけで生活していると自然に子供が覚えてくれて気にかけることはありませんでした。それをおうち英語を通して子育てすることで実感できたのは、親としても学びになったポイントかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました