おうち英語の最適解「STEP2:多読を習慣化させる」

[PR] 記事内に広告が含まれています。

 

「ステップ2:多読を習慣化させる」では、

1:おうち英語の最適解「ステップ2の進め方」

2:おうち英語で挫折するのを防ぐ、2つの効果的な方法

について解説します!

・幼稚園や小学校入ってから、子どもが英語を話さなくなってきた。

・子どもがおうち英語を嫌がって、続けるのが難しくなってきた。

という方にもオススメの内容になっています。


この記事を読むことで、

  1. 子どもを「多読」へと導き、英語力を維持させる方法が分かる。
     
  2. おうち英語で挫折するのを防ぐ効果的な方法が分かる。

ようになりますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事を書いた人

元世界一周バックパッカーの理系・共働き夫婦。絵本所有2000冊超。年間読書数100冊超。海外渡航80ヵ国超。
 
100以上の事例を徹底リサーチした結果を元におうち英語スタート。家族4人で英語のある生活を楽しんでいます♪
 
▷詳しいプロフィール
▷子どもの成長記録

るみ&ごろをフォローする
るみ&ごろ
るみ&ごろ

この記事は
「おうち英語の最適解」の「STEP2」です。
始めから読みたい方は↓↓からどうぞ。

スポンサーリンク

はじめに:なぜ「多読」なのか?


「子どもの英語」で終わるか、「本物の英語」になるかの分かれ道があります。

最初は「英語を聞く力」を育てつつ、それを引き継ぐ形で「英語を英語で読む力」を獲得させる
(・・中略・・)この引き継ぎのプロセスが勝負です。

楽しい「子ども英語」はなぜ身につかないの?/松井義明(著)

STEP2では、「多読を習慣化させる」方法について解説します。

このステップ2が「おうち英語が成功するかどうかの分かれ目」になりますので、はじめに「なぜ多読が重要なのか?」について説明しておきます。

帰国子女が英語を忘れてしまう理由

みなさんは「帰国子女がすぐに英語を忘れてしまう」という話を聞いたことはありませんか?

その話は本で読んだことがあります!

実は、帰国子女が英語を忘れる事例は数多くあり、「どれだけ優れた英会話力を身につけていても、周りの環境が変われば失われてしまう」という事は間違いありません。

しかし、帰国子女の中にも「英語力が失われていない子ども」います。

この差は一体どこから来るのでしょうか?


3歳の弟は英語を忘れ、6歳の姉が英語力を伸ばした理由。

その答えは、「リーディング」です。

お姉ちゃんはアメリカの小学校で「英語のリーディング」を身につけていたのです。

そして帰国後も読書を継続することで、自主学習で英語力を伸ばしていったのです。

世界で活躍する子の英語力の育て方/船津徹(著)
スポンサーリンク


同じ「帰国子女」といっても、幼稚園児くらいで帰国した場合はどうでしょう。こちらは、あっという間に英語を忘れてしまうものです。

しかし、小さいころに帰国しても、英語力を「維持」どころか、さらに「発達」させる子が、少数ですが存在します。

(・・中略・・)それは彼らが例外なく「読書好き」であり、大量の読書をしているということなのです。

楽しい「子ども英語」はなぜ身につかないの?/松井義明(著)

他にも様々な文献で同様の例が取り上げられていますが、いずれの場合も英語を忘れなかった子供たちに共通していたのが、

帰国前に「英語のリーディング力」を身につけていた

という点なのです。

おうち英語にも同じことが当てはまる

実は、帰国子女の例と同じ現象が「おうち英語」でも起こります。

正しいやり方でおうち英語を続ければ、子どもは自然と英語を話すようになります。

極端な例だと、動画を見せてほぼ放置していたようなケースでも、幼児期であればかなり流暢に英会話ができるようになります。

るみ
るみ

知らない人が見れば、バイリンガルにしか見えないお子さんもたくさんいます。

スポンサーリンク

ですが、この場合も帰国子女の例と同じく「子ども英語」の域を出ておらず、そのまま幼稚園や小学校などに入ると次第に英語を忘れてしまいます。


「英会話力」は、年齢が低い子どもほど苦労なく、短期間で身につけることができます。

しかし、肝心なのは、早期英語教育で培った「会話力」を「学習英語」へとつなげていくことです。

早期英語教育を実践している人の多くがこのことを知らず、小学生になってからも「会話中心」の英語に終始しています。

世界で活躍する子の英語力の育て方/船津徹(著)

このように、おうち英語においても「リーディング力の習得」が必要であり、それを確実に、なおかつ効率よく進められる「多読」が重要となってくるのです。

スポンサーリンク

おうち英語の最適解:ステップ2の進め方

ここからは「ステップ2」の具体的な進め方を解説していきます。

ステップ2では「多読を習慣化させる」ことで、子どもは「生活英語レベルの英語力を習得」する事ができます。

STEP2で「やること」と「期待できる成果」

始めに、ステップ2を進める上で最も大切なポイントがあるので、それをお伝えしておきます。

それは、

ステップ2の最優先事項

子どもを絵本好きにさせること

です。

とにかく「子どもが読書を楽しいと思える」ことが最優先ですので、ステップ2で目指すのも1ページに数単語ぐらいの「超簡単な本の多読」で構いません。


そして、

子どもに“自分で絵本を読むことの楽しさ”を知ってもらう

これができれば、ステップ2はほぼ成功です。

ごろ
ごろ

ここからは、「読み聞かせ」をしている状態から、子どもを「多読」へと導く具体的な方法について解説します。

スポンサーリンク

「多読が習慣化する」までの流れ

「多読を習慣化」させるには様々な方法がありますが、一つコツがあります。

それは、

“なぞり読み”を意識的に取り入れること

です。

そうすることで、子どもを効率的に多読へと導くことができます。

「多読の習慣化」までの効率的な進め方
  1. 「読み聞かせ」:朗読音声を聞きながら、ページをめくる。
  2. 「なぞり読み」:朗読音声を聞きながら、文字をなぞって読む。
  3. 「ひとり読み」:朗読音声なしで、ひとりで本を読む。
  4. 「多読の習慣化」:毎日本を読む事が習慣になる。

子どもを多読に導く方法

おうち英語を始めた初期の段階は「読み聞かせ」をしていると思いますが、ここからは

  1. 「読み聞かせ→なぞり読み」
  2. 「なぞり読み→ひとり読み」
  3. 「ひとり読み→多読の習慣化」

の3つのステップに分けて、最終的に子どもを「多読の習慣化」まで導く方法を解説していきます。

スポンサーリンク

1「読み聞かせ→なぞり読み」

英語の歌絵本を音読する長女。
英語の歌絵本を「なぞり読み」する長女(3歳)。

「なぞり読み」は、スピーカーから流している「朗読音声に合わせて文字をなぞる」という読み方です。


音声をマネて音読しながら、該当する文字を指でなぞり、音と文字を一致させます。

すると、みるみるうちに子どもは英語の文字が読めるようになります。

英語で一流を育てる/廣津留真

「なぞり読み」は自然に始める子もいますが、そうでない場合は次のように進めると効果的です。

「なぞり読み」に導く方法
  1. 読ませたい本の「朗読音声のかけ流し」を、事前にたっぷり行う。
  2. 親が「なぞり読み」をしている所を見せる。
  3. 「読み聞かせ」をしているときに「なぞり読み」を勧めてみる。(子どもが嫌がったらやめる)
  4. 1〜3を、子どもが自分から「なぞり読み」を始めるまで気長に続ける。
るみ
るみ

わが家も親が「なぞり読み」をして見せると、子どももやりたがるようになり、気づけばできるようになっていました!

2「なぞり読み→ひとり読み」

ひとり読み」は、子どもが自分一人で絵本を読めるようになった状態です。

「ひとり読み」へは自然に移行していく場合もありますが、次の2つの取り組みで、より効率的に移行させる事ができます!

「ひとり読み」に導く方法
  1. 日本語絵本の読み聞かせで、先に日本語の「ひとり読み」を目指す。
  2. 親の行動で、子どもを絵本好きにする。
    • 「親が読書している姿を見せる」
    • 「絵本を読む時に、親が楽しそうにする」
ごろ
ごろ

「ひとり読み」への移行は、おうち英語の中でも難易度が高いハードルですので、焦らず時間をかけて乗り越えるようにしましょう。

スポンサーリンク

3「ひとり読み→多読」

本棚から絵本を選ぶ長女と次女。
本棚から絵本を選ぶ長女と次女。

ここで目指すのは「子どもが毎日本棚から絵本を手に取って、何冊も読む。」という状態です。

「ひとり読み」ができるようになっていれば、子どもは絵本を読む面白さを知っています。

ですので、あとは子どもの好奇心を刺激し続ける事で、一気に「多読の習慣化」まで持っていきます。

るみ
るみ

ここで親ができることは多くありませんが、次の3つを意識する事で効率的に「多読」へと導く事ができます。

効率的に「多読」へ移行させる「3つのコツ」

「多読」に導く方法
  1. 子どもが「楽に読める本」を与え続ける。
  2. 子どもが「興味のある本」を与え続ける。
  3. 「音読」をするように促す。
1)子どもが「楽に読める」本を与え続ける
長女(4歳)の就寝前の読書タイム。

STEP1でも解説した通り、「楽に読める本」を与え続けるというのは、「読み聞かせ」をしている頃から一貫して行う必要があります。

しかし、「ひとり読み」が始まってからは親が一緒に読まない為、子どもの英語レベルと絵本のレベルとのズレが出やすくなりますので、注意して見ておくようにしましょう。

スポンサーリンク
2)子どもが「興味のある本」を与え続ける
ナンバーブロックスの歌絵本を読む次女
Numberblocksの歌を聴きながら、親が自作した歌絵本を読む次女(2歳)。

同様に、子どもが「興味のある本」を与え続けることもしっかり続ける必要があります。

特にこの時期は、絵本を継続して与えるのを忘れていると、「子どもの読書欲」が優って直ぐに読み終わってしまい、いつの間にか子どもが絵本への興味を失ってしまう危険があります。

ごろ
ごろ

「子供の目につくところに絵本をディスプレイ」したり、「最近読んでいなかった少しレベルの低い本を机の上に出しておく」、といった方法も効果大です!

3)「音読」をするように促す

そしてもう一つ、この段階の子どもの読書力を高めるために、非常に効果的なのが「音読」です。

最終的には「黙読」で構わないのですが、読書力を向上させるのに、口からのアウトプットと耳からのインプットが同時にできる「音読」は非常に効率的です。


子どもの理解力は「耳」から先に発達します。(・・中略・・)子どもが自分で本を読む時も「音読」すると理解が深まるのです。

放っておいて1人で音読をしてくれる子はなかなかいません。「〇〇君が読むの聞きたいな」などと言って、音読するように誘いましょう。

世界で活躍する子の英語力の育て方/船津徹(著)

ですので、もしお子さんが黙読するタイプであれば、さりげなく音読を促してみて、子どもが嫌がる場合は無理にやらせないように注意しましょう。

せっかく軌道に乗ったおうち英語のリズムを崩さないことが先決です。

るみ
るみ

わが家の長女もずっと「黙読」するタイプですが、次女に絵本を読んであげる際はスラスラと正確に「音読」できているので、「音読」をさせようと焦る必要はないと思います。

関連記事

「日本語の読み聞かせ」が重要な理由や、「英語の読書力がおうち英語の成功の鍵になる」理由については、こちらの記事で詳しく解説しています!

スポンサーリンク

「多読以外」のおうち英語の進め方

STEP2では「絵本の多読」について解説しましたが、「その他」の取り組みについては次のように続けます。

ステップ3のおうち英語の進め方
  • 絵本:多読の習慣化を目指す。
  • かけ流し:これまで同様に進める。
  • 動画:これまで同様に進める。
  • 単語カード:これまで同様に進める。
  • 生の英語に触れる:STEP3で解説しますが、余裕があれば行うと効果的。

この時期も「かけ流し」「動画」「単語カード」はこれまで同様に進めます。

そして、もし余裕があれば「生の英語に触れる」という取り組みを追加すると、英語習得にかかる時間を短縮できます。


乳幼児期のかけ流しに加えてもう一つ、英語習得の時間を短縮する方法があります。

それが、コミュニケーション力です。

(・・中略・・)生の英語に触れる機会を増やすこで、世界に意識が向くようになります。

世界で活躍する子の英語力の育て方/船津徹(著)
ごろ
ごろ

わが家も月に1回だけネイティブの先生が行う野外活動に参加していますが、それだけでも子どもの学習効果が目に見えて上がりました!

「生の英語に触れる」方法は色々あり、STEP3で詳しく解説しますので、「やってみたい!」という方は、そちらを参考にしてみてください。

るみ
るみ

「ライティング」についてもSTEP3で解説します!

関連記事

スポンサーリンク

英語育児の挫折を防ぐ「2つ」の効果的な方法

ここまでで解説してきた「多読の習慣化」までには、数ヶ月〜数年間という時間がかかります。

さらに、英語育児には「4歳の壁」、「小学校の壁」、「9歳の壁」などと呼ばれるハードルが存在しますが、この「ステップ2」の途中でその壁を乗り越えなければならないケースも出てきます。

このような理由から、「ステップ2」では、途中でおうち英語の継続を断念する家庭も増えてきます。

そこで、ここからは「おうち英語で挫折するのを防ぐ、2つの効果的な方法」について解説します。

るみ
るみ

この時期はおうち英語の進め方で迷うことも多いと思いますので、一度立ち止まって、次に解説するポイントを見直してみてください。

1.子どものやる気を奪う「NG行動」をしない

おうち英語では、子どもが自分から進んで英語に触れたくなる環境づくりが大切です。

ですが、逆に子どもがやる気をなくしてしまう「NG行動」というのもありますので、この時期は特に注意しておく必要があります。

ごろ
ごろ

こちらの記事に、おうち英語のNG行動をまとめまていますので、自分に当てはまるものがないか、この機会に見直してみてください!

スポンサーリンク

2.子どもの成長を見える化する

「おうち英語で挫折するのを防ぐ」もう一つのコツは、子どもの成長を見える化」して親のモチベーションを維持することです。

おうち英語を続けていると、「子どもの英語力がどこまで身についているのか分からず、モヤモヤする時期」を必ず経験します。


サイレントピリオド(沈黙の期間)という言葉があります。

しかし「黙っている」といっても、何もしていないわけではありません。外からは見えませんが、頭の中では猛烈な勢いで情報の整理と蓄積が行われているものです。

焦らないでしばらく、読み聞かせをしてみてください。そのうち、キリがないほど「自分が言いたいこと」をペラペラと話すようになるものです。

楽しい「子ども英語」はなぜ身につかないの?/松井義明(著)

そんな時は「焦らず待つ」というのが鉄則ですが、私たちは次のような方法で「子どもの成長を見える化」することで、モヤモヤを解消するようにしています。

子どもの成長を見える化する方法
  1. 「英語で年齢相応の日常会話できるか」を目安にする
  2. 「読書スピード」を目安にする
  3. 「課題図書」を設定する
  4. 「検定試験」を受験する。
スポンサーリンク

1.「英語で年齢相応の日常会話できるか」を目安にする

STEP1では、おうち英語の最終的なゴールとして次の3つを考えました。

目標にする子供の英語力
  • ゴール1:学校の英語の授業で苦労しない
  • ゴール2:海外移住で困らない [生活英語]
  • ゴール3:海外の大学に進学できる [学習英語]

ですが、これらを達成できるのはかなり先の話なので、日々の生活の中ではなかなか実感しにくいと思います。

そこで、おうち英語の中期的な目標として、

英語で年齢相応の日常会話ができること

を目安にしておくと、比較的ゴールまでの距離が近く、子どもの様子を観察することで確認できるので、日々のモチベーションの維持がしやすくなります。

るみ
るみ

英会話(聞く、話す)は「読む」よりも先にできるようになるので、成果を実感しやすいです。

スポンサーリンク

2.「読書スピード」を目安にする

「子どもの成長を見える化」するもう一つの方法は、「読書スピードを目安にする」という方法です。

以下が読書スピードの目安ですので、これをマイルストーンとして設定することができます。

  1. 音読で60単語/分、黙読で80〜125語程度
    (ネイティブの小学1年生レベル)
  2. 音読で100単語/分、黙読で115〜150語程度
    (ネイティブの小学2年生レベル)
  3. 音読で112単語/分、黙読で138〜180語程度
    (ネイティブの小学3年生レベル)
  4. 音読で133単語/分、黙読で158〜220語程度
    (ネイティブの小学4年生レベル)
世界で活躍する子の英語力の育て方/船津徹(著)
ごろ
ごろ

子どもが「音読」をしている時に横から見て、読んだページ数と時間をこっそり測っておくことで確認できます。


また、「多読」の最終的な目標として以下を目安に考えておくと、おうち英語のゴールまで見通しが立てやすくなります。


音読で110-130単語/分、黙読で158〜220語程度。
(ネイティブの小学3, 4年レベル)

Oxford Reeding Treeのステージ8(単語数900〜1000語)を10分程度で音読できる。

世界で活躍する子の英語力の育て方/船津徹(著)
スポンサーリンク

3.「課題図書」を設定する

その他の方法としては、「課題図書」をマイルストーンにするというのも手です。

例えば、次のように「英検の級に対応するレベルの絵本」を読めているか確認するという方法です。

  • 3級レベル:Ricky Ricotta’s Mighty Robot [By Dav Pilkey]
     
  • 準2級レベル:Magic Tree House: Dinosaurs Before Dark [By Mary Pope Osborne]
楽しい「子ども英語」はなぜ身につかないの?/松井義明(著)
るみ
るみ

こちらの本に、英検のレベルに対応した詳しい絵本リストが掲載されていますので、参考にしてみてください。

「読書スピード」を確認する方法も同じですが、この方法であれば「子どもにストレスをかけることなく」レベルを確認することができます。

ごろ
ごろ

他にも、「ハリーポッターの原書を読めるようになる!」など、特定の本を多読の最終ゴールに設定しているご家庭も多いです。

スポンサーリンク

4.検定試験を受験する

また、「英検などの資格取得」を目標にするのも一つの方法です。

私たちが調べた100以上の事例の中にも、未就学児や小学生で英検を受験している例は多くありますので、各家庭の教育方針に従って受験しても問題ないと思います。

ただ、受験前後の子どものモチベーション管理をしっかりしておかないと、その後の英語育児に支障が出るリスクが比較的高いので、この段階での受験はあまりオススメできません。


理由は2つあって、

  1. 試験合格が目的化し、「将来使える英語力を習得する」という本来の目的を、親が見失ってしまうリスクがある。
     
  2. 最低限の試験対策はする必要があるので、子供が英語を楽しくないと感じて、英語離れが起こるリスクがある。

という2点です。


英検にも上手な使い方、残念な使い方があります。

特に気をつけたいのが「ちょっとでも早く◎級に」という、いわばスピード・シンドロームです。

英検のような到達型試験の場合、試験に受かることばかりに目がいって(・・中略・・)当たり前のことが、見失われがちになります

楽しい「子ども英語」はなぜ身につかないの?/松井義明(著)
るみ
るみ

もし受験する場合は、特に以下の点に注意するようにしましょう!


英検を受けさせるのは小学生からが良いでしょう。
英語の資格試験も学校のテストと同じ感覚で受験することができます。

初めて子どもに英検を受験させる場合、また就学前の子どもに英検を受験させる場合は「合格することが大前提」です。

就学前の子どもにとって英語は「遊びの延長」であることが理想です。
テストのための英語になると、英語学習が楽しくなくなる(ことがある)ので注意してください。

世界で活躍する子の英語力の育て方/船津徹(著)

また、友達の影響などで子供自身が「受けたい」と言い出した場合は、本人の気持ちを尊重して受けさせた方が良いでしょう。

ごろ
ごろ

英検などの受験に関しては、次のSTEP3で詳しく解説します!

スポンサーリンク

おわりに:「多読の習慣化」ができれば、英語育児は90%成功?

「ステップ2」ができれば、おうち英語のゴールはすぐそこです。

「多読が習慣化」すると子どもの読書レベルどんどん上がっていき、STEP1で解説した「ゴール2:海外移住で困らない [生活英語]」に比較的短期間で到達します。

そして、さらに多読を続けると、やがて「チャプターブック*」を読めるレベルに辿り着きます。
*チャプターブック:100ページ程度の本で、章(チャプター)に分かれている


そして・・・


チャプターブックが読めるようになれば、子どもの英語教育は90%成功です。

そこから先は、チャプターブックの多読を継続していけば、『ハリー・ポッター(最終目標)』に4~5年でたどり着くことができます。

世界で活躍する子の英語力の育て方/船津徹(著)

このように、ステップ2までクリアできれば、あとは「子どもの好奇心」をエネルギーに、どこまでも走り続けるだけです。

スポンサーリンク

STEP3へ進む

これで、「STEP2:多読を習慣化させる」の解説はおしまいです。

STEP2のまとめ
  • 「幼児期の英語力」を失わない為には、「リーディング力の習得」が必要。
  • 「リーディング力の習得」には、「多読」が確実で効率が良い。
  • 「多読の習慣化」で最優先するのは、「子どもを絵本好きにさせること」
  • 多読へは、「読み聞かせ→なぞり読み→ひとり読み→多読」の順で行う。
  • 「多読の習慣化」には時間がかかるので、その間に挫折しない為の工夫が必要
    • 子どもを英語嫌いにするNG行動をしない。
    • 子どもの成長を見える化してモチベーションを保つ

この記事を読んで「多読の習慣化ができた!」という方は、最後のSTEP3へ進んでみてください。

関連記事 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました