徹底レビュー!QQイングリッシュ・キッズを英語育児で活用するコツ

[PR] 記事内に広告が含まれています。

 

子ども向けのオンライン英会話って、選択肢が多くてどれを利用するのか迷いますよね?

私たちもこれまでに色々と利用してきましたが、一つ一つ試しながら手探りで良いサービスを見つけるのは大変でした。

そこで、この記事では、

  • QQ English(イングリッシュ)って最近よく聞くけど、実際どうなの?
  • 幼児や子供向けの、低価格なオンライン英会話を探している。

など、

オンライン英会話「QQ English」が気になっている方のために、

  1. QQ Englishを実際に7ヶ月使ってみた体験レビュー。
  2. 幼児や子供でも利用しやすいか?
  3. 小さい子供にオンラインレッスンを受けさせる際のコツ。

について、できるだけシンプルに分かりやすく解説していきます。

 

この記事を書いた人

元世界一周バックパッカーの理系・共働き夫婦。絵本所有2000冊超。年間読書数100冊超。海外渡航80ヵ国超。
 
100以上の事例を徹底リサーチした結果を元におうち英語スタート。家族4人で英語のある生活を楽しんでいます♪
 
▷詳しいプロフィール
▷子どもの成長記録

るみ&ごろをフォローする
スポンサーリンク

はじめに

英語でアニメを視聴する長女と次女。
おうち英語中の長女と次女。長女が3歳の頃にQQ Englishのレッスンを受けていました。

今日はわが家がおうち英語に導入している「QQ English」というオンライン英会話をご紹介します。

利用していたのは3歳の長女で、期間は7ヶ月、週1回ぐらいの頻度でレッスンを受けていました。

ごろ
ごろ

気になった点も含めて、深掘りしたレビューをお届けできればと思います!

スポンサーリンク

QQ Englishとは

https://www.qqeng.com/qqkids/strength

QQ Englishはオンラインで英会話のレッスンが受けられるサービスで、教師は全員フィリピン人です。

るみ
るみ

以下、QQ Englishのホームページから紹介文を抜粋します。

QQ Englishの教師は全員正社員で英語教師としてのトレーニングを受けたフィリピン人教師です。

フィリピンにおける学校教育は基本的にすべて英語で行われており、フィリピン人は母国語ではない「英語」を習得した学習経験者です。(ビジネス英語指数は世界ナンバーワン)

教師は全員校舎に集まりそれぞれレッスン

そしてコミュニケーション能力の高い教師が多く存在していることが特長です。

教師の自宅ではなく、オフィスから安定した通信環境でレッスンを提供できるのも他社にはないQQEnglishの特長です。

https://www.qqeng.com/detail/
スポンサーリンク

私たちが「QQ English」を選んだ理由

私たちがQQ Englishを選んだ理由は、大きく以下の3点です。

1.他社と比較して安くレッスンを受けられる

まずは、なんと言っても価格の低さ。私たちが利用していた時点で4〜5レッスンが2,980円でしたので、お財布にも優しい点が魅力でした。

2.英語に訛りが少ない

私たちは2人ともフィリピンに短期英語留学をしていた経験があり、仕事上でもフィリピン人と仕事をする機会がありますが、フィリピン人の英語は訛りや癖が少なめなので英会話を学ぶのに良いと考えました。

3.オンラインで手軽に受けられる

1レッスン単位で時間を指定して予約できるので、子供の空き時間に合わせてレッスンを受ける事ができる点も選ぶ際に重視しました。

スポンサーリンク

【動画】QQ Englishのレッスンの様子

実際に子供がレッスンを受けている様子を、少しですが動画に収められたのでご紹介します。

ごろ
ごろ

先生が子供の興味を引くように工夫してコミュニケーションしている様子や、オリジナル教材を使ったレッスンの雰囲気がわかると思います。

スポンサーリンク

QQ Englishの感想・レビュー

それでは、QQ Englishを7ヶ月ほど受講した感想とレビューをしようと思います。
ましたので、感想をお伝えします。

るみ
るみ

利用していた期間は7ヶ月、週に1回はレッスンを受けていましたので、良かった点と悪かった点を思いつく限り挙げてみます。

良かった点

1.先生の質

https://www.qqeng.com/qqkids/strength

一番良かったのが、明るくていい雰囲気の先生が多かった点です。

フィリピン人の気質よるところも大きい気がしますが、娘が気乗りしないときも笑顔で付き合ってくれる先生が多くて助かりました。

ごろ
ごろ

気に入った先生はお気に入り登録もできるので、子どもが好きな先生をリピートする事ができるのも良かったです。

qq englishオンラインレッスンの様子。画面越しに先生とハイタッチ。オンラインでも先生が積極的にコミュニケーションしてくれます。
画面越しに先生とハイタッチ(モザイクでほとんど見えませんが💦)オンラインでも先生が積極的にコミュニケーションしてくれます。

2.映像・音声の質

https://www.qqeng.com/qqkids/strength

QQ Enslishでは先生がオフィス勤務してレッスン対応をしているので、これまで何十回もレッスンを受けましたが、映像や音声は常にクリアに聞こえていました。

るみ
るみ

回線の都合でレッスンが中断なんてことも一度もなく、ネット環境が整っていてさすがだなと思いました。

qq englishオンラインレッスンの様子。幼児の対応に慣れている先生も多いので、子供の興味をひく質問をして飽きさせないように工夫してくれます。
幼児の対応に慣れている先生も多いので、子供の興味をひく質問をして飽きさせないように工夫してくれます。

3.予約の取りやすさ

https://www.qqeng.com/qqkids/strength

これもポイントが高い点ですが、気軽に予約したり、予約のキャンセルができてよかったです。

長女は18:00〜18:25の枠で予約することが多かったですが、3日前ぐらいまでで先生を選ばなければ大抵は予約できるかなという感じでした。ちなみにキャンセルは24時間前までは無料です。

ごろ
ごろ

フィリピンと日本は時差が1時間と小さいので、欧米のオンライン英会話よりもレッスンを受けられる時間帯が多いというメリットもあります。

4.料金

こちらも重要なポイントとなる料金ですが、4〜5レッスンで2,980円ですのでかなりお手頃です。
事前にポイントを購入するシステムですが、予約が取りやすいので使い切るのは難しくありませんでした。

るみ
るみ

わが家は利用しませんでしたが、家族や友人とポイントをシェアするシステムもあるようですので、それを活用するとお得にレッスンが受けられると思います。

5.教材

https://www.qqeng.com/qqkids/strength

次は教材です。QQ Englishでは未就学児から大人まで、幅広い学習者を対象にした教材が用意されていて、当時2歳半だった長女はSmart kids pre starterというコースを受講していました。

内容は、基本的な挨拶や、数、単語などを覚えることを目的にしていて、英語を始めたばかりの未就学児でも受けられる内容になっていました。

ごろ
ごろ

子供の機嫌が悪くてなかなかレッスンを受けようとしない日もありましたが、歌やクイズもあるので、その部分はいつも楽しそうにしていました。

qq englishオンライン英会話の様子。教材の途中に歌やゲームなどのコンテンツが入るので、子供が飽きにくかったです。
教材の途中に歌やゲームなどのコンテンツが入るので、子供が飽きにくかったです。

6. レッスンがマンツーマン

https://www.qqeng.com/qqkids/strength

QQ Englishにはグループレッスンもあるようですが、我が家は全てマンツーマンのレッスンを受けていました。

上に書いた料金もマンツーマンで受けた時のものです。

るみ
るみ

子供が気乗りしない時でも、「教材の中で子供のやりたい所だけをピックアップ」してもらったり、「先生とフリートークする時間」にしてもらったり、アレンジが効くところが良かったです。

気になった点

ここまでで、メリットをたくさん挙げてきましたが、逆にデメリットと思えるものが一つだけありました。

それが、「レッスンは教材をベースに進められる」という点です。

https://www.qqeng.com/qqkids/curriculum-detail#elementary

これはQQ Englishのデメリットというよりは、教材を使用したオンラインレッスン全般に言えることですが、「教材の通りに先生の言ったことを繰り返さないといけなかったり」、「上手く言えないとやり直しになったり」で、「お勉強」感が強くなってしまいます。

ごろ
ごろ

長女は先生と英語で普通にお話をしたり、歌やゲームをするのは楽しそうでしたが、先生の言った内容をリピートするのを嫌がることが多かったです。

デメリットがこの一つしか思いつかない事からも、QQ Englishのレッスン自体は全体的に満足のいく内容でしたが、わが家はその点だけが引っ掛かり、レッスンを受けるのをしばらくやめることにしました。

スポンサーリンク

幼児がオンライン英会話を嫌がるときの対処法

最後にちょっと話がそれますが、我が家の長女がレッスンを受けるのを嫌がる事が何度もあり、他の家庭でも嫌がる子供も多いのでは?と感じたので、「幼児がオンライン英会話を嫌がるときの対処法」について書いておこうと思います。

1:親子で画面に映ってレッスンを受ける

まず、我が家では画面上に親子で写った状態でレッスンを受講していました。

子どもが安心して受講できるのと、子供が困った時にサポートしたり、先生にレッスンの進め方を提案したりできるからです。

2:親もレッスンに参加してみる

また、QQ Englishでは先生の後に続いて読ませるという場面が多く、子どもがつまらなさそうにしている事がありました。

そういうときは「お母さん(お父さん)が答えるね。」と子供に伝え、先生にもその旨を伝えてから、親が代わりに答えたりしていました。

(先生には、My daughter doesn’t feel like following teacher today, so I’ll follow you instead.などと伝えていました。)

子供は先生と親の会話を聞いているだけでも内容を理解して覚えてくれるので、子供に無理して言わせる必要はないと考えました。

るみ
るみ

始める前は「オンライン英会話の間は子供から手を離せるかな?」と淡い期待をしていましたが、そんなことは一切ありませんでした。笑

スポンサーリンク

100の事例から分かった「おうち英語の最適解」

みなさんは「最近、英語が話せる子供が増えてきた」と感じることはありませんか?

英語がペラペラなのに、日本生まれ日本育ちで、インターナショナルスクールにも入っていない。

世の中では、そんな「おうち英語キッズ」と呼ばれる子供たちが急増しています。

でも、そんな様子を目の当たりにして、

英語ができるに越したことはないけど、

共働きで時間もないし、物価高でお金に余裕もない。

と、諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。


私たちも「おうち英語」を始める前は、同じように考えていました。

それに、1番の不安は次のようなものでした。

英語育児に手を取られて、子供が家族や友達、自然と触れ合う時間が短くなって、肝心の「育児」がおろそかになりそう。

でも、その一方で、AIが脅威的な進化を続ける今の時代も「英語が子供の将来の選択肢を広げる大きな力になる」という事実は変わらない、と考えていました。


そこで、私たちは「普段の家庭生活を大きく変える事なく、英語育児を進める方法」を模索し始めました。

そして、「100以上のおうち英語の実例」から、英語育児で成功するのに必要最小限の取り組みをまとめ

お金と時間をかけずに、誰でも成功できる

˗ˏˋ ミニマルなおうち英語 ˎˊ˗

を目指して、家族4人で楽しく「おうち英語」を続けています。


このブログでは、その方法についても解説していますので、気になる方はぜひ「↓↓の記事」を読んでみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました