口コミ評判|キャンブリー・キッズをおうち英語に導入してみた!

[PR] 記事内に広告が含まれています。

 

ネイティブとレッスンができる、子ども向けのオンライン英会話「キャンブリー・キッズ」。

「名前を聞いたことがある!」という方も多いと思いますが、「キャンブリー・キッズ」は、おうち英語との相性がとても良いサービスです!

そこで、この記事では、

  • Cambly Kidsが気になっているけど、自分の子供に合うのか分からない。
  • Cambly Kidsのレッスンの様子が知りたい。

など、

Cambly Kidsのレッスンを受けてみようか迷っている方のために、

  • Cambly kidsはどんな子供にオススメか?
  • オンラインレッスンの様子。
  • Cambly kidsを受講してみて、良かった点・不満だった点。

について、できるだけシンプルに分かりやすく解説していきます。

 

この記事を書いた人

元世界一周バックパッカーの理系・共働き夫婦。絵本所有2000冊超。年間読書数100冊超。海外渡航80ヵ国超。
 
100以上の事例を徹底リサーチした結果を元におうち英語スタート。家族4人で英語のある生活を楽しんでいます♪
 
▷詳しいプロフィール
▷子どもの成長記録

るみ&ごろをフォローする
スポンサーリンク

Cambly Kids(キャンブリー・キッズ)とは?

Cambly Kidsは、英語ネイティブの講師とマンツーマンのレッスンが受けられる、オンライン英会話です。

Cambly Kidsで特徴的なのは、講師が全て英語のネイティブスピーカーであり、子供たちに自然な英語の発音やコミュニケーションスキルを教えてくれる所です。

ごろ
ごろ

Camblyには独自のオンラインレッスンのシステムがあり、専用アプリだけでなく、WEBブラウザからも直接アクセスして快適にレッスンを受けることができます。

料金や対象年齢について

https://www.cambly.com/kids?lang=ja

Cambly Kidsは4~15歳の子供を対象にした、マンツーマンのレッスンを提供しています。

料金はプランにもよりますが、例えば「30分/日×週5回(12ヶ月更新コース)は、1レッスン(1日分)あたり約1,111円」になります。

*最新情報は、CAMBLY KIDSのウェブサイト でご確認ください。

スポンサーリンク

レッスンの様子

Cambly、キャンブリーでレッスンを受ける子供の様子。
長女のレッスンの様子。子供の興味のあるテーマに合わせてレッスンをしてくれる。

我が家では、長女が4歳になりたての頃に、15回程度レッスンを受けました。

レッスンでは、画面上に先生と生徒のお互いの顔と教材画面が表示されるので、講師と双方向のコミュニケーションを取りながらレッスンに参加できます。

るみ
るみ

わが家ではデスクトップPC、ノートPC、iPadで受講してみましたが、iPadにCambly Kidsのアプリを入れるのが一番快適でした。

スポンサーリンク

Cambly Kidsの感想・レビュー

良かった点

講師が全員英語ネイティブ

https://www.cambly.com/kids?lang=ja

やはり講師が全員英語ネイティブというのは大きかったです。

ネイティブらしい自然な表現を使ってくれますし、ネイティブ特有の発音やジェスチャーなどのコミュニケーション方法を直接学ぶことができます。

ごろ
ごろ

この点は英語上級者になればなるほどメリットが大きいと感じました。

自由度の高いレッスン

Cambly kids、キャンブリー・キッズのレッスンの様子。長女と次女。
興味津々の次女も一緒にレッスンを受けたりしていました。

レッスン内容の自由度が高く、子供に合わせて自由にレッスンを進めてくれる先生が多かったです。

絵本を読んだり、一緒にYouTubeを見たり、ゲームをしたりしてくれるので、画面の前で大人しく座っていられない小さい子供でも、興味を失わないように対応してくれます。

先生の自己紹介動画がある

Cambly kidsには先生の自己紹介動画があるので、予約をする前に先生の雰囲気をみることができます。

るみ
るみ

事前に先生が話しているのを見て、自分の子供と相性が良さそうかどうかを確認できるのが良かったです。

独自のオンライン・プラットフォームがある

Cambly、キャンブリーでレッスンを受ける子供の様子。画面共有している。
画面を共有しながらレッスンをしている様子。

Cambly kidsのオンライン・プラットフォームには専用のアプリがあり、対応しているOSも多いので、新しく機器を揃える必要がないというのも大きなメリットかと思います。

WEBブラウザから直接アクセスすることもできるので、ほとんど機種を選ばないと思います。

気になった点

先生の詳しいレビューがない

良かった点に先生の自己紹介動画が見られると書きましたが、逆に先生に対する受講者からの評価・コメントがなかったので、良さそうな先生を見定めるのが少し難しかったです。

ごろ
ごろ

先生を選ぶ際に星5つの評価は表示されてるので、一応それを見ながら先生を選びましたが、受講者のコメントがあった方が選びやすいなと感じました。

予約時間になってからレッスンがキャンセルになることがある

これは受講期間の間に数回あったのですが、レッスン時間になっても先生が来ないことがありました。

Cambly Kidsのシステムでは、レッスン時間の10分後になっても先生が来なかったらレッスンはキャンセル扱いになります。

生徒側はその分のレッスンを追加料金なしで再度予約することができますが、時間を空けて子供の機嫌も取って準備していたのに、レッスンが受けられなかった時は正直がっかりしました。

るみ
るみ

逆に、生徒側もレッスン当日にキャンセルができてペナルティがないので、良し悪しのあるシステムだと感じました。

教材がスライドベースで遊びの要素が少ない

これは子供の年齢によっては逆にメリットにもなると思うのですが、Cambly Kidsの教材はスライド形式で紙芝居のように1枚ずつ順番に進めていくので、小さい子供だと退屈してしまう可能性があります。

ごろ
ごろ

子供の年齢次第ではゲームやクイズなどを取り入れた教材を扱っているオンライン英会話の方が導入しやすいかもしれません。

レッスンの所定時間前に終了することがある

これは長女の気分が乗らず、レッスンを受けようとしてくれなかった場合に限られますが、レッスン時間が半分以上残っていても、先生がレッスンを終えようとするケースがありました。

るみ
るみ

他のオンライン英会話では、例えば子供が別の部屋に行って5〜10分帰ってこなかったとしても、レッスン終了までは先生は接続した状態で待っていてくれたので、少し気になりました。

スポンサーリンク

こんな子供に、Cambly Kids(キャンブリー・キッズ)がオススメ!

https://www.cambly.com/kids/how-we-teach

上で解説したように、メリット・デメリットのあるCambly Kidsですが、ネイティブの先生から発音やジェスチャーなどのコミュニケーション方法を直接学べる点はやはりポイントが高いです。

子どもの英語レベルが高ければ高いほど得られるものが多くなりますので、おうち英語である程度アウトプットができるようになっているお子さんには特にCamly Kidsがオススメです。

https://www.cambly.com/kids/courses

また、同じく英語でのコミュニケーションにある程度慣れているお子さんであれば、レッスン内容の自由度が高いのでオーダーメイドのレッスンをアレンジしてもらう事ができます。

ごろ
ごろ

英語のレベルがそれほど高くなくても、意思表示のはっきりできる小学生以上のお子さんにもオススメできると思います。

ですので、Cambly Kidsをオススメできるのは次のようなお子さんです。

こんな子にはCambly Kidsがオススメ!
  1. 英語のアウトプットがある程度できるようになっている。
  2. 英語でのコミュニケーションに慣れている。
  3. 大人相手でもはっきり意思表示やコミュニケーションのできるお子さん。

英語初級者や小さい子供の場合の対処法

まだ意思表示ができないお子さんの場合

まだ自分の意思を相手に伝えられない小さいお子さんだと、レッスンの内容が良くも悪くも先生にお任せになってしまうので、先生の良し悪し・相性にかなり左右されると思います。

ごろ
ごろ

「Camblyのテキストと先生任せでOK」という場合や、「親御さんが間に入ってレッスン内容をコントロールできる」という場合は、小さいお子さんでも大丈夫だと思います。

じっと座ってレッスンを受けられないお子さんの場合

これはどのオンライン英会話でも同じですが、画面の前でじっと座っていられない年齢のお子さんの場合は、レッスンを受けるのが難しくなります。

オンライン英会話は手軽に外国人と話ができる魅力的なツールですが、子供が英会話にある程度慣れてからで十分ですので、まだ小さい年齢のうちは無理に受講する必要はありません。

ごろ
ごろ

子供が興味を持ってレッスンに参加できるようになるまで、焦らずに気長に待つことをオススメします。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

100の事例から分かった「おうち英語の最適解」

みなさんは「最近、英語が話せる子供が増えてきた」と感じることはありませんか?

英語がペラペラなのに、日本生まれ日本育ちで、インターナショナルスクールにも入っていない。

世の中では、そんな「おうち英語キッズ」と呼ばれる子供たちが急増しています。

でも、そんな様子を目の当たりにして、

英語ができるに越したことはないけど、

共働きで時間もないし、物価高でお金に余裕もない。

と、諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。


私たちも「おうち英語」を始める前は、同じように考えていました。

それに、1番の不安は次のようなものでした。

英語育児に手を取られて、子供が家族や友達、自然と触れ合う時間が短くなって、肝心の「育児」がおろそかになりそう。

でも、その一方で、AIが脅威的な進化を続ける今の時代も「英語が子供の将来の選択肢を広げる大きな力になる」という事実は変わらない、と考えていました。


そこで、私たちは「普段の家庭生活を大きく変える事なく、英語育児を進める方法」を模索し始めました。

そして、「100以上のおうち英語の実例」から、英語育児で成功するのに必要最小限の取り組みをまとめ

お金と時間をかけずに、誰でも成功できる

˗ˏˋ ミニマルなおうち英語 ˎˊ˗

を目指して、家族4人で楽しく「おうち英語」を続けています。


このブログでは、その方法についても解説していますので、気になる方はぜひ「↓↓の記事」を読んでみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました