オススメのフォニックス動画5選|おうち英語

[PR] 記事内に広告が含まれています。

オススメのフォニックス動画5選|おうち英語

るみ&ごろ
るみ&ごろ

こんにちは!おうち英語ぐらしを書いている「るみ」と「ごろ」です。
詳しいプロフィール子どもの成長記録

この記事では、

  • おうち英語の初期に使える動画コンテンツを知りたい。
  • フォニックスのおすすめのYouTube動画を知りたい。

など、

おうち英語で使うフォニックスの動画を探している方のために、

  • 子供と一緒に視聴して選んだ、イチオシのフォニックス動画5選。
  • オススメの視聴方法:YouTube Kids活用

について、できるだけシンプルに分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

子供にYouTubeチャンネルを見せる際に気をつけたいポイント

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4131668_s.jpg

「おすすめのフォニックス動画5選」を紹介する前に、子供に動画を見せる際に気をつけておきたいポイントがいくつかありますので簡単に解説しておきます。

動画を見せる際の基本的な注意事項

まず、「動画を見せる時間」や「動画を見せ始める年齢」などは、おうち英語の効果だけでなく、子供の成長にも影響してきますので、必ず押さえておく必要があります。

ごろ
ごろ

こちらの記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください!

子供が英語を楽しいと感じてくれているか?

そして、もう一つ。

動画をみせる際に一番重要なポイントがあります。

それは、

子供が英語を楽しいと感じてくれているかどうか

です。

上の説明で子供のレベルに合った動画をみせることが大事と書きましたが、「子供が楽しんでいるかどうか」は、それ以上に大切にする必要があります。

るみ
るみ

子供の英語レベルに多少合っていなくても、子供が興味を持ったり、楽しめるコンテンツを選ぶことを優先してあげて下さい。

わが家も長女がおうち英語1年目ぐらいにPaw Patrol(パウパトロール)を気に入ったのでずっと観せていましたが、会話に出てくる表現が難しいものが多く、長女の英語レベルには少し合っていませんでした。

それでも、Paw Patrol(パウパトロール)をきっかけに「英語でごっこ遊びをする」ようになったり、「外国人の子どもと会話する際の話題」にしてくれました。

ごろ
ごろ

今振り返ってみると見せてあげておいて良かったなと思います。

スポンサーリンク

おすすめのフォニックス動画まとめ【5選】

それではさっそく「オススメのフォニックス動画5選」を紹介していきます。

まずはタイトルをずらっと並べてみました。

おすすめのフォニックス動画5選
  1. Bounce Patrol (バウンスパトロール)
  2. Mother Goose Club(マザーグースクラブ)
  3. CoComelon(ココメロン)
  4. ChuChu TV(チューチュー・ティービー)
  5. Alphablocks(アルファブロックス)

Bounce Patrol (バウンスパトロール)

Bounce Patrol (バウンスパトロール)はアニメーションではなく人間が歌っているのが特徴で、口の動きも一緒に見て覚えることができます。

普段ネイティブの人と接する機会のない子供たちにとって、アニメだけではなかなか実際の口の動きがイメージできません。

るみ
るみ

動物A-Z、乗り物A-Zなどバリエーションもありますので、子供の興味に合わせて選ぶことができます。

ごろ
ごろ

実際の人間が登場するチャンネルで良質なものは意外と少ないので、子供の好みに合わせてうまく活用したいところです。

Mother Goose Club(マザーグースクラブ)

「Mother Goose Club」はアメリカのYouTubeチャンネルで、子供たちが楽しく学べる英語の歌や童謡、手遊び歌などが豊富にあります。

るみ
るみ

先ほど紹介したバウンスパトロールと同じく、実際の人間が登場する動画もたくさんありますので、フォニックス以外にも活用できるチャンネルです。

CoComelon(ココメロン)

Cocomelon (ココメロン)は幼児向けのYouTubeチャンネルですが、なんと2023年時点で登録者数が1億5000万人以上いて、世界第3位のユーチューブチャンネルとなっています。 

動画本数の多さもさることながら、3D CGを用いた試聴しやすい作品が揃っています。

ごろ
ごろ

動画本数が多いので、子どもの興味があるものを探しやすいチャンネルです。

ChuChu TV(チューチュー・ティービー)

うちの長女にいくつか見せたフォニックス動画の中で、これだけは気に入って何度も見てくれた作品です。

るみ
るみ

個人的にはイラストがあまり可愛くない気がするのですが、子供にしかわからない良さがあるのかもしれませんので紹介しました😅

Alphablocks(アルファブロックス)

イギリスのBBCが製作しているフォニックス・アニメ。

ナンバーブロックスの方をご存知の方もいるかもしれません。

歌もありますが、アニメのお話形式の動画が多いので、少し年齢が上になってからの方が良いかもしれません。

ごろ
ごろ

わが家もおうち英語1年が経過してから見せました。

↓YouTube公式チャンネルはこちらから↓

スポンサーリンク

おすすめの視聴方法:YouTube Kidsを使う

YouTube KIDS

この記事で色々なYouTube・動画コンテンツを紹介してきましたが、特に乳幼児期の子供に見せる場合はYouTube Kidsを利用することをオススメします。

ごろ
ごろ

オススメの理由は4つあります!

オススメの理由1:不適切なコンテンツのフィルタリング

YouTube Kidsでは、不適切なコンテンツや過度に暴力的なコンテンツがフィルタリングされ、子供が安心して利用できるようになっています。

フィルタリングは年齢別に行われていて、幼児から10代までの子供の年齢別にコンテンツがフィルタリングされます。

手動で、特定のビデオやチャンネルをブロックすることも可能です。

オススメの理由2:視聴時間の制限ができる

YouTube Kidsでは、視聴時間を制限することができるので、特にメディア視聴の影響を受けやすい乳幼児期に重宝します。

オススメの理由3:動画が終わったら自動停止され、オススメ動画も表示されない

YouTubeでは動画が終わったら画面全体にオススメ動画がいくつも表示されますが、YouTube Kidsでは再生後は自動停止して黒い画面になるので、子供が「もっともっと」と次の動画を見たくなるのを未然に防ぐことができます。

オススメの理由4:広告が表示されない

YouTube Kidsでは、YouTubeのように広告が表示されないので、変な広告が出てこないかを気にする必要がありません。

*最近仕様が変わり、子供向けの広告が少し表示されるようになったようです。

スポンサーリンク

100の事例から分かった「おうち英語の最適解」

みなさんは「最近、英語が話せる子供が増えてきた」と感じることはありませんか?

英語がペラペラなのに、日本生まれ日本育ちで、インターナショナルスクールにも入っていない。

世の中では、そんな「おうち英語キッズ」と呼ばれる子供たちが急増しています。

でも、そんな様子を目の当たりにして、

英語ができるに越したことはないけど、

共働きで時間もないし、物価高でお金に余裕もない。

と、諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。


私たちも「おうち英語」を始める前は、同じように考えていました。

それに、1番の不安は次のようなものでした。

英語育児に手を取られて、子供が家族や友達、自然と触れ合う時間が短くなって、肝心の「育児」がおろそかになりそう。

でも、その一方で、AIが脅威的な進化を続ける今の時代も「英語が子供の将来の選択肢を広げる大きな力になる」という事実は変わらない、と考えていました。


そこで、私たちは「普段の家庭生活を大きく変える事なく、英語育児を進める方法」を模索し始めました。

そして、「100以上のおうち英語の実例」から、英語育児で成功するのに必要最小限の取り組みをまとめ

お金と時間をかけずに、誰でも成功できる

˗ˏˋ ミニマルなおうち英語 ˎˊ˗

を目指して、家族4人で楽しく「おうち英語」を続けています。


このブログでは、その方法についても解説していますので、気になる方はぜひ「↓↓の記事」を読んでみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました