簡単にできる!失敗しない絵本選びのコツ|おうち英語

[PR] 記事内に広告が含まれています。

 

おうち英語で何が大変かと聞かれると、「やっぱり絵本選び」が上位にランクインしてきますよね?!

私たちも始めは何を買ったら良いのか分からず、右往左往していた記憶があります。

そこで、この記事では、

  • 読み聞かせの絵本の選び方がわからない。
  • 絵本選びでいつも迷ってしまう

という方のために、

  • 失敗しない英語絵本の選びのコツ

について、できるだけシンプルに分かりやすく解説していきます。

 

この記事を書いた人

元世界一周バックパッカーの理系・共働き夫婦。絵本所有2000冊超。年間読書数100冊超。海外渡航80ヵ国超。
 
100以上の事例を徹底リサーチした結果を元におうち英語スタート。家族4人で英語のある生活を楽しんでいます♪
 
▷詳しいプロフィール
▷子どもの成長記録

るみ&ごろをフォローする
スポンサーリンク

1.「英語絵本の分類」について知っておく

最初に「英語絵本の分類」について解説します。

まず、英語絵本には、日本語の絵本と同じく「ピクチャーブック(通常の絵本)、図鑑、歌絵本」などがあります。

そして、それらとは別に、「リーダーズ」と呼ばれる、英語での読書力・読解力を身につける事を目的として作られた絵本があります。

ごろ
ごろ

下の表に、レベル別に英語絵本の分類をまとめてみました。

リーダーズ

「リーダーズ」は、効率的に読書力を身につけられるよう、単語や語数、文法表現などを考慮して作られた絵本で、主に以下の3つの分類があります。

リーダーズの分類
  1. サイトワーズ絵本:英文で頻出する単語を意図的に用いた絵本。数ページの薄い本。
  2. アーリー・リーダーズ:幼児や初期の読書者向け、8〜16ページ程度の薄い絵本。
  3. リーダーズ:16〜32ページの薄い絵本。

「サイトワーズ絵本」と「アーリー・リーダーズ」は難易度的にはほぼ同じですが、絵本を選ぶ際に分かりやすいように、ここでは分けて記載しています。

るみ
るみ

ピクチャーブックなどは基本的に親が読み聞かせる事が前提ですが、リーダーズは「子どもが一人で読めるようになる」事を考えて作られています。

絵本&図鑑など

「リーダーズ」以外の絵本には様々なものがありますが、大きく以下のような分類があります。

ピクチャーブック&図鑑など
  1. ピクチャーブック:通常の絵本。基本的に親が読み聞かせる。
  2. 歌絵本:童謡などの歌詞にイラストがついた絵本。
  3. 図鑑:動物、乗り物、ポケモンなど、子どもの好きなものの図鑑。
  4. チャプターブック:ほぼ文字だけの100ページ程度の本。
ごろ
ごろ

「チャプターブック」は難易度が高いので、「リーダーズ」で十分な読書力が身につけてから与えるようにします。

スポンサーリンク

2.英語絵本を選ぶコツ

本棚から絵本を選ぶ長女と次女。
本棚から絵本を選ぶ長女と次女。

英語絵本の大きな分類として、「リーダーズ」と、それ以外の「絵本&図鑑など」について解説しましたが、絵本を選ぶ際は「その2つを組み合わせる事を意識する」と失敗が少なくなります。

おうち英語の序盤〜中盤

おうち英語の序盤は、「リーダーズ」と、それ以外の「絵本&図鑑など」を半々ぐらいの割合で読み聞かせをすると、バランスよくリーディングの練習を進められると思います。

おうち英語の序盤〜中盤

「リーダーズ」と、それ以外の「絵本&図鑑など」を半々ぐらいの割合で与えるようにする。

おうち英語の中盤〜終盤

「リーダーズ」がスラスラ読めるようになったら、「チャプターブック」が次のステップです。

おうち英語の中盤〜終盤

「リーダーズ」がスラスラ読めるようになったら、徐々に「チャプターブック」を多読の中心にしていく。

なお、「チャプターブック」はこれまでの絵本と違って文字だらけですので、子どもが本嫌いにならないよう注意しながら少しずつ与えるようにします。

るみ
るみ

「多読を習慣化させる」方法については↓↓の記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

オススメの絵本まとめ

ここからは、「リーダーズ」と、その他の「絵本や図鑑など」について、オススメの作品を一覧で紹介していきます。

英語の絵本は、基本的にこのような一覧を見ながら、お子さんの個性などを考慮して選んでいくことになります。

るみ
るみ

「自分で選ぶのは難しい!」という場合は、下の記事で「英語育児の初期に購入すべき絵本」を紹介していますので参考にしてみてください。

「リーダーズ」のオススメ作品

「アーリー・リーダーズ」、「サイトワーズ絵本」のオススメ作品一覧

作品名音源概要
🎖️オススメ🎖️
Oxford Reading Tree
(Stage 1~4)
購入可おうち英語の定番中の定番。
ステージ9まであり、アーリー・リーダーズ
〜リーダーズの範囲をカバーできる。

National Geographic Readers
(pre-reader)
なし実写を使った子ども向けのリーダーズ。
動物や自然、サイエンスに
興味のあるお子さんにぴったりです。

Guided Science Readers
(Level A~D)
購入可動物、虫、植物など、身近な科学がテーマのシリーズ。
🎖️オススメ🎖️
First Little Readers
(Level A~D)
購入可身近なテーマを用いたストーリー絵本で、
英語絵本の導入に最適。
Bob Books
(Set 1~5)
なし短い単語の組み合わせで書かれた絵本で、
英語独特のリズムも楽しめる。
Sight Words:
 Kindergarten
(サイトワーズ絵本)
なしBob Booksシリーズのサイトワーズ絵本。
🎖️オススメ🎖️
Sight Word Readers
(サイトワーズ絵本)
購入可頻出上位 50単語のサイトワーズを使用した絵本。25冊セット。
Step Into Reading
(Step 1〜2)
なしディズニーなどの人気アニメのキャラクターを採用した絵本シリーズ。
アーリー・リーダーズは文字数が少ないので、
若干ストーリーに無理やり感があるが、子供の興味を惹きやすい。
I Can Read! 
(My First)
なしねこのピート、ビスケット、ファンシー・ナンシーなど、
アメリカの子どもたちに人気のキャラクターが登場する絵本。
Ready-to-Read
(Ready-to-Go)
なしスヌーピー、オリビア、ミッフィーなど
のキャラクターが登場する絵本。
ごろ
ごろ

「音源なし」となっている作品でも、YouTubeなどを探せば朗読している動画が見つかることがあります。

「リーダーズ」のオススメ作品一覧

作品名概要
🎖️オススメ🎖️
Oxford Reading Tree
(Stage 5~9)
おうち英語の定番中の定番。
ステージ9まであり、アーリー・リーダーズ
〜リーダーズの範囲をカバーできる。

National Geographic Readers
(Level 1〜)
NATIONAL GEOGRAPHICが制作した、
子ども向けのリーダーズ。
動物や自然、サイエンスに
興味のあるお子さんにぴったりです。
🎖️オススメ🎖️
I Can Read! 
(Level 1〜4)
Harry the dirty dog(どろんこハリー)
Little Bear(こぐまのくまくん)
Frog and Toads(がまくんとかえるくん)
など、日本語翻訳も有名な名作絵本が多く、
厳選されている。総合的なクオリティが安定して
いるのでリーダーズの中では一番オススメ。


Step Into Reading
(STEP 3〜4)

ディズニーなどの人気アニメのキャラクター
を採用した絵本シリーズ。
アーリー・リーダーズは文字数が少ないので
ストーリーに少し無理やり感があるが、
子供の興味を惹きやすい。
🎖️オススメ🎖️
Scholastic Readers
(Level 1〜4)
アメリカの大手「スカラスティック社」のリーダーズ。
日常生活を描いたストーリーのものから、
The Magic school busなどの
人気作品までラインナップが豊富。


Dr. Seuss
シリーズ

英語圏の人なら知らない人はいない
であろう人気シリーズ。
随所に韻が踏まれているので、
文章がリズミカルで読みやすい。

Ready-to-Read
(Level 1〜4)
 
スヌーピー、オリビア、ミッフィーなど
のキャラクターが登場する絵本。
レベル分けされていて選びやすい。
リーダーズと合わせて読みたい絵本シリーズ
作品名概要
🎖️オススメ🎖️
I Stink!
(Kate & Jim McMullan)
こちらの記事でも紹介していますが、
スラングが多用された楽しい作品。
他に、I’m dirty!、I’m brave!などの作品がある。
Amazonプライムでアニメも視聴できオススメ。


Curious George
シリーズ

みなさんご存知「おさるのジョージ」。
日常生活で見かけるキャラクターなので、
子どもたちの食いつきも良いシリーズです。


The Berenstain Bears
シリーズ

クマの家族たちの日常を描いたシリーズ。
作品によってレベルに幅があるので、
長く楽しめるシリーズです。

🎖️オススメ🎖️
If you Give a Mouse
シリーズ
「もしもねずみにクッキーをあげると」
という名作絵本から派生したシリーズ。
Amazonプライムでオリジナルアニメも視聴でき
、クオリティも高いのでオススメ。

「絵本、図鑑など」のオススメ作品

「絵本(ピクチャーブック)」、「図鑑」、「歌絵本」、「しかけ絵本」などのオススメの絵本はこちらの記事にまとめていますので、選ぶ際の参考にしてみてください。

「チャプターブック」のオススメはこの次に紹介します。

「チャプターブック」のオススメ作品一覧

リーダーズをスラスラ読めるようになったら、Lexile指数*が300〜500L程度のチャプターブックから導入してみてください。

*Lexile指数:英語圏で必要な標準的な「読解力」を基準として、単語数や難易度などを総合的に数値化したもの。

ごろ
ごろ

チャプターブック以降は基本的にひとり読み、黙読でリーディングを進めます。

作品名概要Lexile指数
Magic Tree House
シリーズ
アメリカの児童書の定番中の定番。
英検準2級レベル。


240-440L

🎖️オススメ🎖️
Dog Man
シリーズ
犬と警察官が合体したヒーローが登場するマンガ本。
絵が多めなので初めてのチャプターブックとしてもオススメ。


260-530L

Goosebumps
シリーズ
映画化もされている大人気ホラー作品。ハマる子ども多し。

300-630L

The Boxcar Children
シリーズ
親を亡くした4人兄弟がボックスカーで暮らす話。
比較的優しい英語で読みやすい。
1990年代の作品で挿絵も含めてクラシカルな雰囲気が魅力。


370-580L

🎖️オススメ🎖️
Roald Dahl
シリーズ
チャーリーとチョコレート工場で有名な、Roald Dahl。
造語があまりなく読みやすい。
英検2級レベル。


720-840L

Diary of a Wimpy Kid
シリーズ
邦題は「グレッグのダメ日記」
ごく普通の中学生の日常を描く。
英検準2級レベル。


910-1060L

🎖️オススメ🎖️
Harry Potter
シリーズ
説明不要の世界的ベストセラーシリーズ。
多読の最終目標にしている家庭も多く、
親子ともにモチベーションアップに使いやすい。
英検準1級レベル。


880-1030L

ごろ
ごろ

おうち英語のゴールとして「CEFR B2レベル」を目指す場合は、Lexile指数1000Lが読解力の目安になります。

スポンサーリンク

まとめ

英語絵本の選び方:まとめ
  • 英語絵本の分類
    • 大きく「リーダーズ」と、それ以外の「絵本や図鑑など」がある。
       
  • 絵本の選び方
    • 「リーダーズ」:本記事のオススメ作品一覧の中から選んで購入。
    • 「絵本や図鑑など」:上の「オススメの絵本リスト」から選んで購入。
       
  • 絵本を選ぶ際のコツ
    • 「リーダーズ」と、それ以外の「絵本や図鑑など」を半々ぐらいの割合で与える。
    • 「リーダーズ」がスラスラ読めるようになったら、「チャプターブック」を多読の中心にしていく。
スポンサーリンク

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました