私たちが「おうち英語」を選んだ“意外”な理由

 

「子供には英語を身につけてほしいけど、どうやって学ばせようか」と考えてみると、意外と難しくて悩みますよね?

私たちも、おうち英語を始めるまでに様々な英語教育について調べましたが、最終的にどれを選ぶのか悩みました。

そこで、この記事では、

数多くある英語教育の方法の中から、なぜ私たちがおうち英語を選んだのか?

について書いてみようと思います。

 

この記事を書いた人

元世界一周バックパッカーの理系・共働き夫婦。絵本所有2000冊超。年間読書数100冊超。海外渡航80ヵ国超。
 
100以上の事例を徹底リサーチした結果を元におうち英語スタート。家族4人で英語のある生活を楽しんでいます♪
 
▷詳しいプロフィール
▷子どもの成長記録

るみ&ごろをフォローする

私たちが一番大事にしたこと

おうち英語といえば次のようなメリットが取り上げられる事が多いです。

おうち英語の4つのメリット
  1. おうち英語だけで、バイリンガルまで目指せる!
  2. 英語教室や英語教材など比べると、お金がかからずコスパ抜群
  3. 親が教えるわけではないので、親の英語力は必要ない
  4. 送迎の必要もなく、隙間時間を活用して、共働きで忙しくても続けられる

でも、私たちがおうち英語を選ぶ決め手になったのは、このどれでもありませんでした。

るみ
るみ

これだけでも十分すぎるメリットがありますが、おうち英語を始める前にずっと引っかかっていた事があったんです。

関連記事

もともと英語育児には否定的でした。

私たちはもともと英語育児や早期の教育には否定的でした。

当時の日記を振り返ってみても、次のような事が書かれています。

「小さい頃から英語を教えるなんて、英才教育みたいで抵抗があるなぁ。」

「教材を使ってお勉強として教え込むことはしたくない、それよりは良質な日本語の絵本を読んであげたい。」

「英語を教えるなんて、なんとなく恥じらいすら感じてしまう。」

るみ
るみ

「子どもたちが創造力を身につけたり、友達と遊ぶ時間を削ってまでやる必要はない」と考えていました。

子どもの自然な成長を妨げることなく続けられる

でもやっぱり気になる英語。

私たち自身が苦労して英語を身につけてきた事、そして英語ができる事で得られるメリットの大きさを痛いほどよく知っていたからです。

そんな中で、おうち英語に出会いました。

そして、実際におうち英語を進めている方のSNSや書籍などを詳しく調べていくと、子どもたちの生活をほとんど変えずに続けられることが分かってきました。

これなら子どもたちが伸び伸びと成長しながら、日常生活の中で自然と英語を身につけることができる!

そう考えた私たちは、そこから「わが家流のおうち英語」を模索しはじめました。

あれから数年たった今、子どもたちが日本の保育園に通い、週末には外でのびのびと遊びながら、日常生活の一部として英語を身に付けている様子を見て、あの時「おうち英語」を始める決断をして本当に良かったと感じています。

100の事例から分かった「おうち英語の最適解」

みなさんは「最近、英語が話せる子供が増えてきた」と感じることはありませんか?

英語がペラペラなのに、日本生まれ日本育ちで、インターナショナルスクールにも入っていない。

世の中では、そんな「おうち英語キッズ」と呼ばれる子供たちが急増しています。

でも、そんな様子を目の当たりにして、

英語ができるに越したことはないけど、

共働きで時間もないし、物価高でお金に余裕もない。

と、諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。


私たちも「おうち英語」を始める前は、同じように考えていました。

それに、1番の不安は次のようなものでした。

英語育児に手を取られて、子供が家族や友達、自然と触れ合う時間が短くなって、肝心の「育児」がおろそかになりそう。

でも、その一方で、AIが脅威的な進化を続ける今の時代も「英語が子供の将来の選択肢を広げる大きな力になる」という事実は変わらない、と考えていました。


そこで、私たちは「普段の家庭生活を大きく変える事なく、英語育児を進める方法」を模索し始めました。

そして、「100以上のおうち英語の実例」から、英語育児で成功するのに必要最小限の取り組みをまとめ

お金と時間をかけずに、誰でも成功できる

˗ˏˋ ミニマルなおうち英語 ˎˊ˗

を目指して、家族4人で楽しく「おうち英語」を続けています。


このブログでは、その方法についても解説していますので、気になる方はぜひ「↓↓の記事」を読んでみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました