やってはいけない!英語版パウ・パトロールの視聴方法と「3つの注意点」

[PR] 記事内に広告が含まれています。

 

みなさんご存知「パウ・パトロール」!

子供の食いつきが良いので英語育児でも大活躍ですよね。

そんなパウ・パトロールですが、実はおうち英語で見せる前に知っておくべき注意点がいくつかあります。

そこで今回の記事では、「英語版パウ・パトロールを視聴する時の3つの注意点」について解説します!

 

この記事を書いた人

元世界一周バックパッカーの理系・共働き夫婦。絵本所有2000冊超。年間読書数100冊超。海外渡航80ヵ国超。
 
100以上の事例を徹底リサーチした結果を元におうち英語スタート。家族4人で英語のある生活を楽しんでいます♪
 
▷詳しいプロフィール
▷子どもの成長記録

るみ&ごろをフォローする
スポンサーリンク

英語でパウパトロールをみせる時の3つの注意点!

© 2024 Spin Master Ltd.  All Rights Reserved

「PAW Patrol(パウ・パトロール)」は、カナダの子供向けアニメシリーズです。

日本でも吹替版が放送されているのでご存じの方も多いと思いますが、2024年2月時点でなんとシーズン10まで制作されている、世界的大人気シリーズ

英語育児に活用している方も多いと思いますが、実はパウパトロールを英語で見せる際に注意しておくべきポイントがいくつかあります。

ごろ
ごろ

小さい子供向けのアニメだからと何も考えずに見せてしまうと、逆に英語のアニメ嫌いになってしまうリスクもあるので要注意です。

1.おうち英語を始めたばかりの子どもには難しい表現が多い

これは意外と見落としがちなポイントかもしれませんが、パウ・パトロールに出てくる会話は少し難しい表現が多いです。

映像を見ていると一見簡単そうに見えますが、おうち英語を始めたばかりの子供だと理解できない内容が多く、やる気を失ってしまうリスクが大きいです。

個人差はあると思いますが、パウ・パトロールの話が分かるようになるには、おうち英語を始めてから2年ぐらいはかかると考えておいた方が良いと思います。

ごろ
ごろ

パウ・パトロールはおうち英語を軌道に乗せるのに使えるキラーコンテンツなので、与えるタイミングを間違えないように注意が必要です!

スポンサーリンク

2.シーズンが進むにつれて表現が過激なエピソードが増えてくる

パウ・パトロールはシーズン2ぐらいまでは街で起こるトラブルやハプニングを解決するような、ほのぼのとした話が多いのですが、シーズン3以降は徐々に内容が過激になっていきます。

例えば、意地悪な事ばかりするキャラクターが登場したり、全キャラクターが空を飛び始めたり、超能力を使いはじめたり・・・

過激と言うとちょっと大袈裟かもしれませんが、0〜3歳ぐらいの低年齢の子供に見せる際は少し注意した方が良いと思います。

るみ
るみ

シーズン3が始まった頃は「アニメってこんなもんかな」と思っていたのですが、2歳の次女が「こわい」と言い始めたので、見せるシーズンやエピソードを選んだりして対処していました。

3.日本のサービスでは一部のシーズンしか視聴できない

前述の通りパウパトロールはシーズン10まであるのですが、現在日本で視聴できるのはシーズン4までです。(2024年2月時点)

ですので、それより先のシーズンを見たい場合はVPNなどのサービスを利用する必要があります。

わが家も1年間ぐらいVPNを契約していましたが、シーズンによって登場人物や雰囲気が結構違ったので、子供たちに合いそうなシーズンやエピソードを選んで見せていました。

ごろ
ごろ

VPNの活用方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、気になる方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

今日の記事では「パウ・パトロール英語版を視聴する時の3つの注意点」について紹介しました。

今回解説したポイントを事前に確認しておけば、安心して子供に動画を見せることができると思います。

パウ・パトロールは質の高い作品ですので、積極的におうち英語に活用してみて下さい!

 

スポンサーリンク

100の事例から分かった「おうち英語の最適解」

みなさんは「最近、英語が話せる子供が増えてきた」と感じることはありませんか?

英語がペラペラなのに、日本生まれ日本育ちで、インターナショナルスクールにも入っていない。

世の中では、そんな「おうち英語キッズ」と呼ばれる子供たちが急増しています。

でも、そんな様子を目の当たりにして、

英語ができるに越したことはないけど、

共働きで時間もないし、物価高でお金に余裕もない。

と、諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。


私たちも「おうち英語」を始める前は、同じように考えていました。

それに、1番の不安は次のようなものでした。

英語育児に手を取られて、子供が家族や友達、自然と触れ合う時間が短くなって、肝心の「育児」がおろそかになりそう。

でも、その一方で、AIが脅威的な進化を続ける今の時代も「英語が子供の将来の選択肢を広げる大きな力になる」という事実は変わらない、と考えていました。


そこで、私たちは「普段の家庭生活を大きく変える事なく、英語育児を進める方法」を模索し始めました。

そして、「100以上のおうち英語の実例」から、英語育児で成功するのに必要最小限の取り組みをまとめ

お金と時間をかけずに、誰でも成功できる

˗ˏˋ ミニマルなおうち英語 ˎˊ˗

を目指して、家族4人で楽しく「おうち英語」を続けています。


このブログでは、その方法についても解説していますので、気になる方はぜひ「↓↓の記事」を読んでみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました