成功してる子はやってる?英語のリーディング力を確実につける方法

[PR] 記事内に広告が含まれています。

成功してる子はやってる?英語のリーディング力を確実につける方法

るみ&ごろ
るみ&ごろ

こんにちは!おうち英語ぐらしを書いている「るみ」と「ごろ」です。
詳しいプロフィール子どもの成長記録

この記事では、

  • 子どものリーディング力がなかなか向上しない。
  • 子供が英語絵本を嫌がる。

など、

おうち英語で、英語リーディング力の確実な習得方法を知りたい方のために、

  • 英語のリーディング力が、おうち英語の成功に不可欠な理由。
  • 英語のリーディング力を効率的に身につける方法。
  • 日本語の読書力が、英語のリーディング力を高める理由。

について、できるだけシンプルに分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

はじめに:英語リーディング力の重要性

おうち英語の最適解「STEP1:おうち英語の環境をつくる」で、おうち英語で「目標にする子供の英語力」について触れました。

目標にする子供の英語力
  • ゴール1:学校の英語の授業で苦労しない
  • ゴール2:海外移住で困らない [生活英語]
  • ゴール3:海外の大学に進学できる [学習英語]

この3つのレベルの内、特にレベル3のような高度な英語力の習得を目指す場合は、英語のリーディング力の向上が欠かせません。


明治時代以来、夏目漱石、丸山真男、松本亭など、多くの先人たちが、英語力を伸ばす最適な方法は、洋書の「多読」であると言っています。

イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ/古川昭夫・宮下いづみ(著)

帰国子女が英語を忘れてしまう理由

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4131668_s.jpg
ごろ
ごろ

みなさんは帰国子女がすぐに英語を忘れてしまうという話を聞いたことはありませんか?

その話は聞いたことがあります!

「現地の学校では英語ペラペラで、クラスの中でもリーダーシップを取るような子だったのに、日本に帰ったら全部忘れてしまった」という例は多く有ります。

その一方で、帰国後も英語を忘れない子供もいます。

この差は一体どこから生まれるのでしょうか?

実は、英語を忘れなかった子供たちに共通しているのが、

  • 帰国前に英語のリーディング力を身につけていた

という点なのです。

現地で身につけたのが会話力だけだと、「日本の学校に入った途端に忘れてしまう」、「学習英語として使えない」などの壁にいずれ行き当たります。

スポンサーリンク

子どものリーディング力を高める3つの方法

親子で絵本を読む様子。読み聞かせ。

では、どのようにして英語のリーディング力を向上させれば良いのでしょうか?

「英語のリーディング力をつける」ための基本的な方法は、やはり「英語絵本の読み聞かせ」です。

そして、「読み聞かせ」で子供を絵本好きにできたら、次は子供が「ひとり読み」をできる状態を目指します。

るみ
るみ

ここからは、スムーズに「ひとり読み」に移行するためのポイントについて解説していきます!

スポンサーリンク

1.子どもの理解度をよく観察して、レベルに合った本を与え続ける

「スムーズにひとり読みに移行させる」ためにできることの1つ目は、子どものレベルに合った本を与え続けることです。

子供が絵本を楽しいと感じられるように、子供がスラスラと読めるレベルの本を、できるだけたくさん本棚に準備しておきます。

Numberblocksの歌を聴きながら、親が手作りした歌絵本を読む次女。
ごろ
ごろ

これは「おうち英語を成功させるための秘訣」でもありますので、徹底しておきたいポイントです!

また、こちらの記事でも紹介していますが、本のディスプレイ方法を工夫したり、子どもの好きなジャンルの絵本を与えるのも効果大です。

スポンサーリンク

2.「なぞり読み」のススメ

絵本のなぞり読みをする長女(3歳)
絵本のなぞり読みをする長女(3歳)

2つ目のポイントは、「絵本のなぞり読み」をさせてみるという方法です。

「なぞり読み」というのは、CDなどの朗読音声に合わせて指で文字を追う読み方です。

この方法だと「ひとり読み」ができない子供でもできますし、音声と文字を結びつける良い練習になります。

効果的な方法ですので、「ひとり読み」の一つ前のステップとして試してみることをオススメします。

るみ
るみ

わが家の長女もこの方法で「ひとり読み」ができるようになりました!

スポンサーリンク

3.日本語絵本の読み聞かせ

リーディング力を高めるためにやるべき事の3つ目は、「日本語絵本の読み聞かせ」です。

「おうち英語なのになぜ日本語を?」と思われたかもしれませんが、その理由は

「英語のリーディング力」の基礎となるのは、「日本語の読書力」だから。

です。

ごろ
ごろ

実は、「本を読むプロセスは英語でも日本語でも同じ」と言われています!

人間が本を読む時、「文字を読む→頭の中で音声化する→音声から内容をイメージする」と言う流れで処理が行われます。

これはどの言語を使っている場合も同じですので、日本語の読書力を鍛えれば、英語のリーディング力も効率的に向上させることができるのです。

習得しやすい日本語の読書力を優先する

日本でおうち英語をする場合、どれだけ家の中の英語環境を整えても、おうちの外は日本語で溢れかえっています。

そのような環境では「日本語の読書力」の方が習得しやすいですから、まずは「日本語の読書力」を身につけた方が効率的です。

そして、「日本語の読書力」が成熟すれば、相乗効果で「英語のリーディング力」も向上しやすくなります。

ですので、日本語の絵本を読む力をしっかりつけておくことが、おうち英語の成功にとっても非常に大切になってくるのです。

るみ
るみ

日本語の読書力が先に身について、その土台の上で英語の読書力が育っていくイメージです。

絵本好きになって、英語絵本のハードルを下げる

また、日本語で早い段階から絵本好きにさせておけば、英語絵本を導入する際のハードルも低くなります。

なぜなら、絵本に慣れていない子供に英語絵本を与えた場合、「絵本を読むハードル」と「英語を読むハードル」の2段階のハードルを超えなければなりません。

ごろ
ごろ

小さいうちから日本語の絵本を読むことに慣れておけば、子供の感じる負担を大幅に小さくすることができます!

絵本が大好きな長女。図書館から帰ると玄関に座り込み、借りた絵本(数十冊)を全部読みます。

このように、日本語の絵本を読む力をしっかりつけておくことが、おうち英語の成功においても非常に大切になってくるのです。

特に「海外の大学進学や、英検1級レベルを目指そうと考えている場合は積極的にやるべき」と考えておいた方が良いと思います。

スポンサーリンク

「絵本好き」、「ひとり読み」が達成できたら

上記の方法で、子供が「絵本好き」&「ひとり読み」ができるようになったら、あとは1つ目の「子供のレベルに合った本を与え続ける」をやるのみです。

るみ
るみ

少し大変ではありますが、「子供が今好きな分野」だけでなく、「将来に興味を持ちそうな分野」の本を先回りして探す意識を普段から持っておくと、うまく進められると思います。

スポンサーリンク

100の事例から分かった「おうち英語の最適解」

みなさんは「最近、英語が話せる子供が増えてきた」と感じることはありませんか?

英語がペラペラなのに、日本生まれ日本育ちで、インターナショナルスクールにも入っていない。

世の中では、そんな「おうち英語キッズ」と呼ばれる子供たちが急増しています。

でも、そんな様子を目の当たりにして、

英語ができるに越したことはないけど、

共働きで時間もないし、物価高でお金に余裕もない。

と、諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。


私たちも「おうち英語」を始める前は、同じように考えていました。

それに、1番の不安は次のようなものでした。

英語育児に手を取られて、子供が家族や友達、自然と触れ合う時間が短くなって、肝心の「育児」がおろそかになりそう。

でも、その一方で、AIが脅威的な進化を続ける今の時代も「英語が子供の将来の選択肢を広げる大きな力になる」という事実は変わらない、と考えていました。


そこで、私たちは「普段の家庭生活を大きく変える事なく、英語育児を進める方法」を模索し始めました。

そして、「100以上のおうち英語の実例」から、英語育児で成功するのに必要最小限の取り組みをまとめ

お金と時間をかけずに、誰でも成功できる

˗ˏˋ ミニマルなおうち英語 ˎˊ˗

を目指して、家族4人で楽しく「おうち英語」を続けています。


このブログでは、その方法についても解説していますので、気になる方はぜひ「↓↓の記事」を読んでみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました