【4歳、5歳、6歳スタート】おうち英語の進め方&ロードマップ

[PR] 記事内に広告が含まれています。

 

おうち英語を「何歳から?」「具体的に何をやれば良い?」のかって、調べてみても情報が多すぎで逆によく分からないですよね?

私たちも始めは「お金をかければいくらでも選択肢はあるし、一体どこまでやる必要があるんだろう?」と悩む事が多くありました。

そこで、この記事では、

  • 小学校入学が近づいてきて、英語教育をどうしようか悩んでいる。
  • おうち英語をやろうと思ってるけど、4歳、5歳、6歳で始めるのは遅すぎる?

など、

4歳、5歳、6歳で始めるおうち英語について知りたいという方のために

  • 4〜6歳から始める、おうち英語の特徴と注意点。
  • 4〜6歳から始める、おうち英語の進め方とロードマップ。
  • おうち英語で挫折するのを防ぐ、2つの効果的な方法

について、できるだけシンプルに分かりやすく解説していきます。

 

この記事を書いた人

元世界一周バックパッカーの理系・共働き夫婦。絵本所有2000冊超。年間読書数100冊超。海外渡航80ヵ国超。
 
100以上の事例を徹底リサーチした結果を元におうち英語スタート。家族4人で英語のある生活を楽しんでいます♪
 
▷詳しいプロフィール
▷子どもの成長記録

るみ&ごろをフォローする
スポンサーリンク

4〜6歳から始めるおうち英語の特徴と注意点

4歳〜6歳でおうち英語をはじめるのは、他の年齢から始めるのと何が違ってくるのでしょうか?

大きく次の4つが挙げられます。

4〜6歳から始める場合の特徴と注意点
  1. 英語に対する抵抗感を示す年代だが、小学校の英語の授業が始まっていない分、おうち英語の導入は比較的やり易い。
  2. 子供が大人の指示や話を聞けるようになってくるので、オンライン英会話などを活用しやすい。
  3. 「4歳の壁」と言われるように、引き続き英語に抵抗感を持ちやすい時期なので、英語嫌いにならないよう注意が必要。
  4. 英語力の向上には母国語の発達が欠かせないので、日本語での「語りかけ」や「読み聞かせ」も継続する。
るみ
るみ

この記事では、これらの注意点やポイントを踏まえた「おうち英語の進め方」について解説します!

母語育児の重要性について

ちょっと意外に思われるかもしれませんが、おうち英語では日本語の「語りかけ」と「読み聞かせ」も重要になってきます。

理由は2つあって、

  1. 第一言語である日本語の発達を促すため。
  2. 読書力を身につけるため。

です。


バイリンガルの基礎づくりでいちばん大事な家庭の役割は、第2、第3のことばの基礎になる母語、すなわち第1のことば(LI)をしっかり育てることである。

一般にモノリンガルにとっても、母語はもちろん大切であるが、バイリンガルを育てるとなると、母語が持つ意味合いが、何倍にも増すし、またその意味範囲がぐっと広がる。

バイリンガル教育の方法/中島和子(著)

まず、子どもにとっての母語はあくまで日本語ですので、親やその他の環境からの日本語のインプットは欠かせません。

また、日本語で読書力を身につけることで、英語の読書力の向上にもつながります。

なぜなら、「本を読むプロセスは英語でも日本語でも同じ」だからです。

るみ
るみ

本を読むプロセスは、「文字を読む→頭の中で音声化する→音声から内容をイメージする」とう流れで行われます。

日本語で絵本好きになれば、英語絵本を始める時のハードルが下がる

絵本が大好きな長女。図書館から帰ると数十冊の絵本を読み終わるまで動きません。

絵本に慣れていない子供に英語絵本を与える場合、「絵本を読むハードル」と「英語を読むハードル」の2つのハードルを一度に超えなければならなくなります。

ですので、「日本語絵本の読み聞かせ」で小さいうちから日本語の絵本を読むことに慣れておけば、子供の感じる負担を大幅に小さくすることができます。

長女(4歳)の就寝前の読書タイム。
るみ&ごろ
るみ&ごろ

「日本語の読み聞かせ」が重要な理由や、「英語の読書力がおうち英語の成功の鍵になる」理由については、こちらの記事で詳しく解説していますので、気になる方は読んでみてください。

スポンサーリンク

【4〜6歳スタート】おうち英語の進め方とロードマップ

おうち英語の全体像をイメージするために、まずはおうち英語のロードマップを見てみましょう。

こちらは、4〜6歳でおうち英語を始めた場合のロードマップです。

このロードマップは後で紹介するロードマップ簡略化したもので、細かい情報は記載していませんが、

  1. 「英語のかけ流し」「英語の絵本」「英語の動画」を同時にスタート。
  2. おうち英語開始1〜2年後に「英語のアウトプット」の練習を始める。

という全体の流れが分かるかと思います。

ごろ
ごろ

次は、より詳細なロードマップを元に、具体的なおうち英語の進め方を解説します。

4〜6歳スタートの「おうち英語ロードマップ」

おうち英語の全体的な流れが分かってきたところで、ここからは「各年齢で具体的に何をやれば良いのか?」について解説していきます。

下の表は、先ほどのロードマップに、具体的なおうち英語の内容を追記したものです。

ロードマップの見方
  1. 左上の「おうち英語スタート」の行のピンが立っているところが開始年齢で、右方向に進むと年齢が上がっていきます。
  2. 各年齢を縦方向に見ると、その年齢でやるべき取り組みが分かります。
  3. 「開始タイミング」の列に記載されている条件を達成できていれば、その取り組みを始めてOKです。
  4. 一番下には本記事で解説している3段階のゴール*に到達するおおよその年齢を記載しています。おうち英語の進捗にはかなりの個人差がありますので、あくまで目安と考えてください。
用語の説明
  • フォニックス:発音と文字の関係性を学ぶ音声学習法。
  • サイトワーズ絵本:英文で頻出する単語を意図的に用いた絵本。数ページの薄い本。
  • アーリー・リーダーズ*:幼児や初期の読書者向け、8〜16ページ程度の薄い絵本。
    *当ブログの解説ではサイトワーズ絵本もここに含めています。
  • リーダーズ:16〜32ページの薄い絵本。
  • チャプターブック:ほぼ文字だけの100ページ程度の本。チャプターに分かれている。
  • ゴール1〜3:本記事内の解説参照。
年齢別のロードマップはこちら

他の年齢から始めた場合のロードマップや進め方が知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

ごろ
ごろ

ロードマップの中の「英語の絵本」の分類や進め方については、主にこちらの書籍を参考にしていますので、気にになる方はチェックしてみて下さい!

るみ&ごろ
るみ&ごろ

ここからは、4〜6歳以降の「各年齢で具体的に何をやれば良いのか」を解説していきます。

4歳〜6歳:母語育児+英語絵本+英語かけ流し+英語動画

4歳、5歳、6歳でおうち英語を始める場合は、「英語絵本+英語かけ流し+英語動画」の3つを同時にはじめます。

この時期は子供に英語を受け入れてもらうのに苦労すると思いますが、子供が気に入る絵本や動画を探しながら、焦らずに気長に続ける事が大切です。

4〜6歳でやること
  1. 母語育児:日本語での「語りかけ」と「読み聞かせ」をする。
  2. かけ流し:絵本の朗読音声(アーリー・リーダーズ)+童謡
    *絵本付属のCDやYouTubeの朗読音声を活用する。
    *朗読音声を子供が嫌がる場合は、子供が好きな童謡などにする。
  3. 絵本:はじめは子供の好きな絵本を読み聞かせる。
    *読み聞かせはスマホなどでネイティブの朗読音声を流す。

    英語の絵本に慣れてきたら徐々にアーリー・リーダーズの読み聞かせをはじめる。
    *アルファベット26文字のフォニックスを覚えてから始める。
    *子供が簡単に読めるレベルの絵本を与えること。
    *子供が音読してくれるのがベターだが、無理強いはしない。
    *サイトワーズ絵本も併用する。
  4. 動画:フォニックス、童謡、子供の好きなアニメなど
    *見せる動画はフォニックスを学べるものが良い。
    *嫌がる場合は無理に見せずに、こどの好きな童謡や歌の動画にする。
るみ
るみ

英語だけでなく、母語育児が結果的におうち英語の成功につながりますので、この年齢になってもしっかりとやっておく必要があります。

「かけ流し」「絵本」「動画」の具体的な進め方

本記事では、年齢別の進め方や注意すべき点を中心に解説していますので、「かけ流し」や「読み聞かせ」などの具体的な進め方は次の記事を参照しながら進めてみてください

動画の視聴時間の目安

幼児期のメディア視聴時間の目安は次の通りですので、この時期から見せる場合は1日1時間以内にするよう注意が必要です。

メディア視聴時間の目安
  • 1歳まで:見せない。
  • 1歳〜2歳まで:1日に30分以内。
  • 3歳以降:1日に1時間以内。

参考文献:「語りかけ」育児/サリー・ウォード著

オススメの動画はこちらの記事で紹介しています。

おすすめのフォニックス動画&YouTube Kidsの活用法
その他のおすすめYouTube動画

7歳〜9歳:リーダーズへのステップアップ+アウトプットの練習開始

7歳、8歳、9歳は、アーリー・リーダーズからリーダーズへ移行する時期で、子供を「多読」へと導くことができるかどうかの分かれ目になります。


「子どもの英語」で終わるか、「本物の英語」になるか、の分かれ道があります。

最初は「英語を聞く力」を育てつつ、それを引き継ぐ形で「英語を英語で読む力」を獲得させる
(・・中略・・)この引き継ぎのプロセスが勝負です。

楽しい「子ども英語」はなぜ身につかないの?/松井義明(著)

また、タイミングを見計らって「アウトプットの練習」を始めても良い時期です。

7〜9歳でやること
  1. 母語育児:日本語での「語りかけ」と「読み聞かせ」続ける。
  2. かけ流し:絵本の朗読音声(リーダーズ)+童謡
    *朗読音声を子供が嫌がる場合は、子供が好きなアニメの歌などにする。
  3. 絵本:リーダーズへの移行をはじめる。
    *アーリー・リーダーズを楽に読めるようになってから。
  4. 動画:フォニックス、童謡、子供の好きなアニメなど
  5. アウトプット:子供の様子を見ながらアウトプットの場を与えてみる。
    *絵本の音読、インタラクティブな動画、オンライン英会話や英会話教室のレッスンなど
ごろ
ごろ

この時期に日本語での多読をするようにできれば、英語の多読へ移行できる確率がかなり上がりますので母語育児も大切にしてください。

関連記事

10歳〜12歳以降:多読をメインに継続する

10歳、11歳、12歳では、リーディング力を高めることを重視して「英語の絵本」をメインに進めます。

リーダーズからチャプターブックへの移行を目標に、小学生以降も英語力が維持できるように「英語絵本の多読」を続けます。

小学生以降にやること
  1. かけ流し:絵本の朗読音声(リーダーズの導入)+童謡
    *朗読音声を子供が嫌がる場合は、子供が好きな童謡などにする。
  2. 絵本:リーディング力を高め、チャプターブックへの移行を目指す。
    *チャプターブックへの移行は、300語前後のリーダーズを楽に読めるようになってから。
  3. 動画:フォニックス、童謡、子供の好きなアニメなど
  4. アウトプット:できるようであれば、オンラインスクールやサマースクールなど、興味のあることを英語で経験させてあげる。
    *嫌がったら無理にやらせない。
るみ
るみ

ここから先は親ができることは多くありませんので、子供の成長を見守りながら、適切なタイミングでアウトプットの機会を与えられるよう情報収集をしておきましょう。

スポンサーリンク

おうち英語で挫折するのを防ぐ、2つの効果的な方法

英語育児には「4歳の壁」、「小学校の壁」、「9歳の壁」などと呼ばれるハードルが存在し、そのタイミングになるとおうち英語の継続を断念する家庭も増えてきます。

そこで、ここからは「おうち英語で挫折するのを防ぐ、2つの効果的な方法」について解説します。

るみ
るみ

この時期はおうち英語の進め方で迷うことも多いと思いますので、一度立ち止まって、次に解説するポイントを見直してみてください。

1.子どものやる気を奪う「NG行動」をしない

STEP1では「子どもがのびのびと英語を吸収できる環境づくり」の方法について解説してきました。

一方で、それとは逆に「子どもがやる気をなくしてしまう」、子どもの英語習得にマイナスの効果をもたらす行動があります

るみ&ごろ
るみ&ごろ

こちらの記事に、おうち英語のNG行動をまとめまていますので、自分に当てはまるものがないか、この機会に見直してみてください!

2.子どもの成長を見える化する

「おうち英語で挫折するのを防ぐ」もう一つのコツは、子どもの成長を見える化」して親のモチベーションを維持することです。

おうち英語を続けていると、「子どもの英語力がどこまで身についているのか分からず、モヤモヤする時期」を必ず経験します。


サイレントピリオド(沈黙の期間)という言葉があります。

しかし「黙っている」といっても、何もしていないわけではありません。外からは見えませんが、頭の中では猛烈な勢いで情報の整理と蓄積が行われているものです。

焦らないでしばらく、読み聞かせをしてみてください。そのうち、キリがないほど「自分が言いたいこと」をペラペラと話すようになるものです。

楽しい「子ども英語」はなぜ身につかないの?/松井義明(著)

そんな時は「焦らず待つ」というのが鉄則ですが、私たちは次のような方法で「子どもの成長を見える化」することで、モヤモヤを解消するようにしています。

子どもの成長を見える化する方法
  1. 「英語で年齢相応の日常会話できるか」を目安にする
  2. 「読書スピード」を目安にする
  3. 「課題図書」を設定する
  4. 「検定試験」を受験する。

1.「英語で年齢相応の日常会話できるか」を目安にする

STEP1では、おうち英語の最終的なゴールとして次の3つを考えました。

目標にする子供の英語力
  • ゴール1:学校の英語の授業で苦労しない
  • ゴール2:海外移住で困らない [生活英語]
  • ゴール3:海外の大学に進学できる [学習英語]

しかしながら、これらを達成できるのはかなり先の話なので、日々の生活の中ではなかなか実感しにくいと思います。

そこで、おうち英語の中期的な目標として、

英語で年齢相応の日常会話ができること

を目安にしておくと、比較的ゴールまでの距離が近く、子どもの様子を観察することで確認できるので、日々のモチベーションの維持がしやすくなります。

ごろ
ごろ

英会話(聞く、話す)は「読む」よりも先にできるようになるので、成果を実感しやすいです。

2.「読書スピード」を目安にする

「子どもの成長を見える化」するもう一つの方法は、「読書スピードを目安にする」という方法です。

以下が読書スピードの目安ですので、これをマイルストーンとして設定することができます。

  1. 音読で60単語/分黙読で80〜125語程度
    (ネイティブの小学1年生レベル)
  2. 音読で100単語/分黙読で115〜150語程度
    (ネイティブの小学2年生レベル)
  3. 音読で112単語/分黙読で138〜180語程度
    (ネイティブの小学3年生レベル)
  4. 音読で133単語/分黙読で158〜220語程度
    (ネイティブの小学4年生レベル)
世界で活躍する子の英語力の育て方/船津徹(著)
るみ
るみ

子どもが「音読」をして時に横から見ておいて、読んだページ数と時間をこっそり測っておくことで確認できます。

また、「多読」の最終的な目標として以下を目安考えておくと、おうち英語のゴールまで見通しが立てやすくなります。


音読で110-130単語/分黙読で158〜220語程度
(ネイティブの小学3, 4年レベル)

Oxford Reeding Treeのステージ8(単語数900〜1000語)を10分程度で音読できる。

世界で活躍する子の英語力の育て方/船津徹(著)

3.「課題図書」を設定する

その他の方法としては、「課題図書」をマイルストーンにするというのも手です。

例えば、次のように「英検の級に対応するレベルの絵本」を読めているか確認するという方法です。

  • 3級レベル:Ricky Ricotta’s Mighty Robot [By Dav Pilkey]
     
  • 準2級レベル:Magic Tree House: Dinosaurs Before Dark [By Mary Pope Osborne]
楽しい「子ども英語」はなぜ身につかないの?/松井義明(著)
ごろ
ごろ

こちらの本に、英検のレベルに対応した詳しい絵本リストが掲載されていますので、参考にしてみてください。

「読書スピード」を確認する方法も同じですが、この方法であれば「子どもにストレスをかけることなく」レベルを確認することができます。

るみ
るみ

他にも、「ハリーポッターの原書を読めるようになる!」など、特定の本を多読の最終ゴールに設定しているご家庭も多いです。

4.検定試験を受験する

また、「英検などの資格取得」を目標にするのも一つの方法です。

私たちが調べた100以上の事例の中にも、未就学児や小学生で英検を受験している例は多くありますので、各家庭の教育方針に従って受験しても問題ないと思います。

ただ、受験前後の子どものモチベーション管理をしっかりしておかないと、その後の英語育児に支障が出るリスクが比較的高いので、この段階での受験はあまりオススメできません。

理由は2つあって、

  1. 試験合格が目的化し、「将来使える英語力を習得する」という本来の目的を、親が見失ってしまうリスクがある。
     
  2. 最低限の試験対策はする必要があるので、子供が英語を楽しくないと感じて、英語離れが起こるリスクがある。

という2点です。


英検にも上手な使い方、残念な使い方があります。

特に気をつけたいのが「ちょっとでも早く◎級に」という、いわばスピード・シンドロームです。

英検のような到達型試験の場合、試験に受かることばかりに目がいって(・・中略・・)当たり前のことが、見失われがちになります

楽しい「子ども英語」はなぜ身につかないの?/松井義明(著)
るみ
るみ

もし受験する場合は、特に以下の点に注意するようにしましょう!


英検を受けさせるのは小学生からが良いでしょう。
英語の資格試験も学校のテストと同じ感覚で受験することができます。

初めて子どもに英検を受験させる場合、また就学前の子どもに英検を受験させる場合は「合格することが大前提」です。

就学前の子どもにとって英語は「遊びの延長」であることが理想です。
テストのための英語になると、英語学習が楽しくなくなる(ことがある)ので注意してください。

世界で活躍する子の英語力の育て方/船津徹(著)

また、友達の影響などで子供自身が「受けたい」と言い出した場合は、本人の気持ちを尊重して受けさせた方が良いでしょう。

ごろ
ごろ

英検などの受験に関しては、「おうち英語の最適解」のSTEP3で詳しく解説します!

スポンサーリンク

100の事例から分かった「おうち英語の最適解」

みなさんは「最近、英語が話せる子供が増えてきた」と感じることはありませんか?

英語がペラペラなのに、日本生まれ日本育ちで、インターナショナルスクールにも入っていない。

世の中では、そんな「おうち英語キッズ」と呼ばれる子供たちが急増しています。

でも、そんな様子を目の当たりにして、

英語ができるに越したことはないけど、

共働きで時間もないし、物価高でお金に余裕もない。

と、諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。


私たちも「おうち英語」を始める前は、同じように考えていました。

それに、1番の不安は次のようなものでした。

英語育児に手を取られて、子供が家族や友達、自然と触れ合う時間が短くなって、肝心の「育児」がおろそかになりそう。

でも、その一方で、AIが脅威的な進化を続ける今の時代も「英語が子供の将来の選択肢を広げる大きな力になる」という事実は変わらない、と考えていました。


そこで、私たちは「普段の家庭生活を大きく変える事なく、英語育児を進める方法」を模索し始めました。

そして、「100以上のおうち英語の実例」から、英語育児で成功するのに必要最小限の取り組みをまとめ

お金と時間をかけずに、誰でも成功できる

˗ˏˋ ミニマルなおうち英語 ˎˊ˗

を目指して、家族4人で楽しく「おうち英語」を続けています。


このブログでは、その方法についても解説していますので、気になる方はぜひ「↓↓の記事」を読んでみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました